人気ブログランキング |

球美の島から  島巡り ④

b0122979_14552696.jpg


b0122979_145777.jpg


b0122979_14562448.jpg

                                         

はい┐(´∀`)┌久米島に戻ってきましたぁ!

ハハハ・・・・・

前回はパパが日焼けで悶えていたところでしたね。

そうそう、あまりにも痛そうだったので、

飛行機の時間までホテルで動けないからじっとゆっくりしていようかとも思いましたが

実はタクシーを予約してたんですよねぇ。えぇ、これは出発前にです。

前日のはイレギュラー@▽@;酔っ払ってたからなんですが、

こういう事になってしまって行っといて良かったです。酒の功名とか あれ?使い方間違ってる?

って事でこの日のタクシー会社に「日焼けで痛くて歩けない人がいるけどどうしよう?」と相談してみました。

すると時間を短縮して無理せず観光は車窓中心で、

後はCOOPと米島酒造へ立ち寄ってもらう事になりました♪タクシー会社さん、有難うございます。

運転手さんには

「なんとか歩けるだけマシですよ、年に数人は日焼けで入院されてます」

と聞かされました。こわ~((((;´・ω・`)))

「まだまだ修行が足らんみたいやね」

とパパに言ったら運転手さん大爆笑、パパは無言で困り顔・・・・・・フハハハ

しかしこの運転手さん、そんな事で笑うか~ってな話でも大笑いしてくれた楽しい人です(≧∇≦)



さて最初にCOOPに立ち寄りです。


b0122979_08989.jpg


b0122979_0172432.jpg


b0122979_0174551.jpg



大きいゴーヤやナスは一袋¥120ぐらい、パイナップルは小さいのが¥350

でもまだこの時期(7月初め)出たとこのマンゴーは大きめのが2個入って¥2500、こりゃちょっとお高め

なのでミニミニマンゴー¥750を数袋購入です。

ミニミニだけどお味はとっても美味しいのでこれでOK♪



そしてこの後立ち寄った比屋定バンタからの素晴らしい眺め 

この日は粟国島、渡名喜島、慶良間列島が見えたんですよ。

b0122979_0355315.jpg


b0122979_0363499.jpg


はての浜の先には渡名喜島
b0122979_0364463.jpg


b0122979_038514.jpg


右上に砂地が少し見えますが、そこでは砲撃の演習があるとの事で(自衛隊か米軍か保安庁か忘れた)

あまりにも爆撃されて砂地が無くなってきているそうです。おかげで魚も少なくなってきているとか(╯•﹏•╰)



そしてこの後島をくるりと周って米島酒造へ到着、島の小さな泡盛酒造所です。

なんと団体さんとかち合ってしまい、人がいっぱい。

団体さんは中で色々と説明を受けられています。

んでその入り口でちょっと目に付いたのがコップとドリンクサーバー(@ ̄ρ ̄@)

これはきっと試飲の泡盛に違いない!といそいそと頂きに。。。

ゴクゴク飲むとそれはとても冷えたお水でした(懲りてない)トホホ

いやいや、中は蒸留中でもの凄い暑さ、皆さんお水を頂きながら説明を聞いていらっしゃいました。

ボーッと後ろに立っていたkaottiたちを見つけてくださったお店の3代目当主田場弘さん。

後でゆっくり見ていってくださいと声を掛けて下さいましたがとにかく暑いんです。

とりあえず扇風機がブンブン回っているところをぐるっと見させてもらい、奥の試飲コーナーへ行きました。

愛想のいいにぃにぃが試飲を勧めてくださって、まぁ断るのもなんなので最初は新酒を( ̄▽ ̄)

壁にはキレイな色の瓶に入れられた泡盛が並んでいます。毎年色を変えて瓶詰めされているそうです。

団体さんの添乗員らしき男性が壁に飾られているある泡盛を指差して、「これは買えないのですか」と聞かれています。

もう飲んでしまって瓶も無いらしいのですが、それは限定品だったらしく在庫が無いとのこと。

とーっても残念そうに身体を折り曲げながら「しまったぁ!」と仰られていました。

きっと凄く美味しかったんでしょうね。う~んそれ飲んでみたかった!

kaotti、創業65周年記念の古酒を内緒(?)で試飲させて頂き、

まろやかな風味の中に35度のぴりりとした辛味に興味が沸いて購入することにしました。

これも瓶の色がとてもステキです。

米島酒造の泡盛は島内で消費されてしまうことが多く、この古酒は他では買えないらしいのです。

b0122979_0493666.jpg



もうすでに1本ありません。

後1本はとりあえず押し入れにしまい込みました・・・・ハハハ


※写真とmap追加しました。








OKINAHOURS
いつだって島は、ゆったり時間  

チーム美らサンゴ
TEAM TYURA SANGO
   




by kaotti-1 | 2014-08-17 00:56 | 沖縄ー久米島 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://kaotti1.exblog.jp/tb/23173665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pothoslime at 2014-08-17 09:22
試飲の泡盛に違いないと「ゴクゴク」飲むってところが豪傑ですね~
フツー、泡盛をゴクゴク飲むかぁ(^^;
パパさん、入院せずに済んでヨカッタですね。
なんにしても素敵な時間が流れてるのがよく分かりました。
マンゴー食べてみたいなあ(^-^)
Commented by a-ki_la at 2014-08-17 10:39
いくら酒造所だからといって、さすがにサーバーで泡盛は
用意してないのじゃなかろか?!(笑)
ほーんとに好きなのねぇ。

すごい景色。
日本海の秘境で海に目をやっても、ブイとかかもめとか
人工物や他のイキモノが何かしら見えるんだ。
ひたすら海と雲という景色は、何だかこの世でないような気さえするなぁ。
Commented by kaotti-1 at 2014-08-17 12:12
ぽとすさん、泡盛はもうすでに水割りになっていると予測してゴクゴク飲んだんです。
あれ?言い訳になってない?
たいした写真もなく、ただの飲兵衛のブログのようになった久米島でした^^;
マンゴーはいつか一緒に食べましょね♪
Commented by kaotti-1 at 2014-08-17 12:18
アッキー、あ?そうなのね。サーバーでは出さないか。
いやね、団体さんがいらしてたからサーバーでないと間に合わんと思わはったんやろと
てっきり・・・・
今は沖縄行った時ぐらいしか飲まんようにしてますよ。なので反動が^^;

久米島は宮古島より静かなところかも。これって好きやなぁ。
そうね、パラダイスな気分になれるよ。一緒に行こか?

Commented by Iowa at 2014-08-21 00:52 x
こんばんは、kaotti1さん。
久米島の久米島ではないですか。ここはそんなに小さな酒造所だったのですか。どおりでななかなか出合えないわけですね。
観光で初めて行った沖縄のリゾートホテルのバーで勧められて飲んで気にいってしまいましたが、なかなか置いてある店がなくて。あの琉宮にもありませんでした。
ところが、先月会社近くの沖縄料理屋さんに行くとあったんです。前はなかったのですが。久々に飲めて美味しかったです。
その久米島の古酒とは。飲んでみたいものです。うらやましい。
以前は腰蓑を巻いた女性のイラストが描かれたラベルを貼った角ばったボトルで個性的だったのですが、最近は普通の瓶ですね。
それと、サーバーに水割りはあります。リゾートホテルの宴会(ガーデンパーティー)で準備していたのを見たことあります。一升瓶からドボドボ入れて作っていました。オトーリだってピッチャーや水差しで水割り作りますから。
Commented by kaotti-1 at 2014-08-21 13:09
Iowaさん、こんにちは~
米島酒造さんはほぼ家族経営で行った時も3,4人の方が
説明やら箱詰めやらされていました。
それを考えると久米仙は大きかったですね。
時々久米島の泡盛は見かけますね。京都でもありましたよ^^
古酒、お取り寄せ出来たらいいのですが。。。1本はあっという間になくなりました@▽@フフフ
サーバーね。
オトーリはピッチャーでとかは見たことあるんですけど、試飲ではどう?って思うかも。
kaottiはなんの疑いもなく水割りの泡盛!!って思っちゃったんですけど^^;
Iowaさん、いつかオフ会寄せてくださいね。そして時限爆弾のお話聞かせてくださ~い^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 本日の京都 また逢う日まで >>